カリモク60

  • カリモク60オフィシャルショップからの
    最新情報やUSER’S VOICEをお届けします。

    カリモク60オフィシャルショップの
    オンラインストア

  • contact
  • login
  • cart
MENU

USER'S VOICE

21/05/20

都会の真ん中で自然を感じるカフェ 「mt.cafe」

60のあるトコロをご紹介
「mt.cafe(マウントカフェ)」(大阪府大阪市)

外観1.png
2021.5.20-2.jpg

阪急十三駅から徒歩で約7分。淀川河川敷をジョギングしたり、犬の散歩をする人が多く行き来するのどかな場所に「mt.cafe(マウントカフェ)」があります。

今から17年前の2004年にオープンされた「mt.cafe」。
プロダクトデザインやアパレルなど多岐にわたり知見を持ち、今はブランディングや店舗設計の仕事もされるオーナーさん。実はプロのスノーボーダーでもあり、長野県でスノーボードの学校やロッジを経営、夏になると南半球のニュージーランドで過ごす生活を送られていたそう。その海外生活でカフェ文化に触れ、当時は喫茶店ばかりだった日本にカフェを広めたいと、現役引退後に地元である十三に初めてカフェをオープンされました。そして今回、開業時に用意されたKチェアの「シートパーツ交換」をご依頼いただきました。

2021.5.20-2.png

都会の真ん中で自然を感じるカフェを。とのコンセプトの店内には、観葉植物をはじめオーナーの歴史を感じさせるアイテムが並びます。
「開業時にヨーロッパの家具なども検討したけど、気取りすぎず、飾りすぎない、でもちょっと贅沢な気分にしてくれるKチェアが気に入った」と熱く当時のことを話してくださるオーナー。価格、質、デザインのバランスが絶妙で、日本にこんな良いものがあるのかと感じ採用を決められたそう。

2021.5.20-5.jpg
(左:オープン当時からのKチェア、右:シートを交換したKチェア)

開業時はスタンダードアイボリーやモケットグリーンの張地も選ばれていましたが、今回のパーツ交換ではイメージを新たにブラックで統一。大人っぽい雰囲気にリニューアルされました。新しくなったKチェアの座り心地を確認し、「やっぱり良い!」と微笑むオーナーと「お客さんもびっくりするだろうね」と顧客様が喜ぶシーンをイメージするパートナーさん。 17年間人気店であり続ける理由を見せていただきました。

2021.5.20-6.jpg

最後に「一生つぶれないものなんてない。本当の一生ものというのは直せる仕組みがあって、直してでも使いたいと思えるものだよ」とお話しいただいたオーナー。

そんなオーナーが作る料理は、シンプルで素材の味を活かした味付けが特徴。思いのこもったKチェアに座っていただく店自慢の食後のコーヒーは格別でおすすめの一杯です。寝てしまうお客様がいらっしゃるそうですが、とても心地よいmt.cafeの雰囲気に納得です。
グランフロント大阪から少し長めの散歩ついでに、ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。

mt.cafe
〒532-0025
大阪府大阪市淀川区新北野1-11-23 ハイム北野B102
営業時間:11:00〜22:00
定休日:水曜日(祝日の場合は営業、翌日の木曜日は振替休)※緊急事態宣言などの理由により、営業時間等変更もございます。
HP:https://montomworks.com/
Instagrammtcafe
Map:https://g.page/MONTOMworks?share

〈取材〉藤原

※Kチェアパーツについてはこちらより。
※ロビーチェア1シーターは、2008年限定張地アンチークブラウンのためアイテム表示されません。